消費者金融と銀行とクレジットカードの違いについて

消費者金融とは「貸金業」の一種であり、広義の金融機関です。

同様に銀行も金融機関ですが、こちらは「銀行」という括りになります。

ここでは消費者金融について基本的なことを解説していきたいと思います。

消費者金融とは

消費者金融とは「個人向け融資を専門、もしくは主とした貸金業」を指して使われます。

まず貸金業とは「特定の例外を除き金銭の貸し借りなどを仕事として行う機関」の事であり、個人向けの消費者金融の他に、業者向けの商工ローン、クレジットカードのキャッシングサービスなどが当てはまります。

その中でも特に個人向け融資をおこなう企業の事を「消費者金融」と呼びます。

銀行とは

銀行も個人への貸し付けや企業への貸し付けを行います。

貸金業の例外規定に「貸付けを業として行うにつき他の法律に特別の規定のある者が行うもの」という物があり、銀行は銀行法という法律が存在するので、貸金業には分類されません。

法律的には「銀行」という括りになります。

銀行と消費者金融の違い

銀行がどこから資金を調達するのかと言うと、個人や企業から預かっている預金です。

銀行はこの預金を投資や貸付し、利息を払い戻してもらった上で預け入れをした人間に利息という形で利用料を支払います。

一方で消費者金融などの貸金業者は預金を集めるという事はせず、銀行からの融資やこれまでの利益などを利用し利用者に貸し付け、そして利息と元金をセットに取り立てて収益を上げます。

こういった形態の違いから、消費者金融の事を「ノンバンク」と呼ぶ事があります。

法律上の違い

法律上の違いとしては消費者金融は「貸金業法」の規制を受けるので、総量規制という法律に引っかかります。

これは年中の三分の一までしか借り入れをすることが出来ない、という多重債務問題への対策なのですが、銀行が規制を受ける銀行法にはこのような規定がないため専業主婦など収入が無い人でも借り入れがし易くなっています。

銀行法の規制として有名な物は「〇〇銀行」という名称に関わる問題でしょう。

銀行法には社名に「銀行」と付けなければならない、という決まりが定められておりどの銀行でも「〇〇銀行」という名前になっています。

その為外資系銀行のCitibankも日本においては「シティバンク銀行」ですし、今は楽天銀行となった「イーバンク銀行」というちょっと変わった社名の銀行も存在していました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする