消費者金融の窓口や無人契約機の利用方法

消費者金融にとって最大の売りは「融資までの速さ・簡易さ」であり、無人契約機を導入したのも消費者金融が初めてでした。

そこで昨今では無人契約機や窓口での受付以外にもインターネットや郵送でも受け付けを行っており店頭に一度も行かずに借り入れから返済、契約終了まで終えられるという事も珍しくなくなっています。

消費者金融のネット申し込み

まず申し込みについてですが、最近ではインターネットからの申し込みが主流になっています。

スマホ、パソコン、ガラケーなどから申し込みフォームからアクセスし、必要事項を送付します。

その後、運転免許証などの本人確認書類、そして必要な場合は源泉徴収証明書などの証明書を送付します。

送付の方法は郵送のほか、FAXやスキャナーを利用してデータとして送る、最近ではスマートフォンのカメラを利用したアプリで送信できる場合もあります。

必要事項や書類を申し込んだ後に審査が行われ、次いで合否が伝えられます。

合格した場合メールや郵送などで契約に対して必要な書類が送られてくるので、確認します。そして契約という流れになります。

消費者金融借り入れ、返済

ネット申し込みをした場合、一般的には後日ローンカードが発送され手元に届きます。

しかし最近ではネットバンキングを使った振込み融資の他、口座への振り込みなどを駆使して当日に即時振込みが可能というのが一般的になっています。

即日融資を受けたい場合、会社によって条件は異なりますが大体昼過ぎに審査を終わらせ契約している必要が有ります。

その後ネットや電話などを使った指定口座への振り込みで即日融資を受ける事が可能です。

また最近では、申し込みから一分以内という「即時融資」を行う会社も存在します。

消費者金融も店頭などでも可能

このようにインターネットを使った申し込み方法が一般的になっていますが、他にも郵送や電話などで受け付けている会社もあります。

また「申し込みはネットで、実際の契約は無人契約機で行う」と対応が可能な会社も珍しくありません。

これはスマホなどを使いネットから申し込んだ後に、無人契約機に出向きローンカードを受け取るという形になり、これであれば口座などが無くても当日に即日融資を受ける事が可能ですし、出先でも簡単に利用する事が可能になります。

また変わった会社だとクレジットカードの発行を無人契約機で行う事で、即日発行を可能にするという会社などもあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする