消費者金融を利用する前に知っておきたい返済方法

最近の消費者金融では「カードローン」を提供する事が多いです。

このカードローンは通常の融資とは少々違う為、通常の分割払いではなくリボ払いが返済方法として用いられる事が多くなっています。

ここでは消費者金融においてメインの返済方法になるリボ払いについて解説していきます。

消費者金融のカードローンとは

そもそもカードローンとは「ローンカードを利用して融資を受ける」契約の総称です。

最近ではカードレスというタイプや、ネット申し込みによる振り込み融資を受けるタイプも存在していますが、基本的にはあらかじめ限度額を決めて置き、ローンカードを使いATMなどから枠内で自由に借り入れ返済が出来るという物です。

ですから限度額は決まっていますが、実際の借入額は人によって違い「契約はしたけれど借り入れをしない」も問題なく可能です。

消費者金融の返済リボ払い

カードローンでは借り入れ額が一定ではないので、ほとんどの会社でリボ払いを取り入れています。

リボ払いとはリボルビング払いの俗称で、借り入れ額に関係なく毎月一定額を返済するという方式を言います。

住宅ローンやフリーローンと言った一般的な融資の場合「元金+利息」を予定返済回数で分割して月々の支払額を割り出す分割払いが一般的です。

一方でカードローンは借り入れ額が一定では有りません。ですから利息や元金は常に変動します。

その為「利用額に関係なく毎月一定額をおさめる」というリボ払い方式が取られます。

これは10万円借りていても20万円借りていても最初に決められている金額を毎月返済したら滞納にはならないという方式です。

消費者金融の追加返済

消費者金融でも不動産担保ローンなどの分野では分割払いを取り入れている事があります。

またリボ払いであれ分割払いであれ、ほとんどの場合追加返済を随時受け付けています。

追加返済とはその名前の通り、常時の返済の他に追加で返済を行う物で「随時返済」とも言われています。

これは特にリボ払いで重要な返済方法です。

リボ払いは毎月の返済額が少ないので、長期的な返済計画も立てやすく、自分の経済状況にあった返済が出来るのですが、その分返済期間は伸びてしまう可能性が高くなります。

利息は返済期間が長くなればなるほど利息が増えてしまうので、リボ払いは分割払いよりも総支払額が増えてしまう可能性があります。

そこで資金に余裕があるうちに随時返済を行い、すこしでも元金を減らす事が早期返済を行うために重要な要素になります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする