消費者金融とクレジットカードのキャッシングの違いについて

消費者金融は個人向け融資の事を「カードローン」として提供している所が多いですが、これはローンカードを利用して限度額内で自由に借り入れや返済が出来るという物です。

一方でクレジットカードで融資を行うサービスを「キャッシング」と呼びますが、これも一種のカードローンです。

ですから消費者金融でも「キャッシングサービス」という名称で提供している事があります。

ここではこの二つの違いについて解説していきます。

消費者金融とクレジットカードのサービス自体はさほど変わりはない

消費者金融が個人向けに行う融資と、クレジットカードのキャッシングは基本的な部分は大きな違いはありません。

まずキャッシングは「個人向けの小口融資」を指す英語です。

消費者金融賀メインで扱っているキャッシングもクレジットカードのサービスとして提供されているキャッシングも、何方も貸金業で規制される個人向け融資の一種です。

因みに「カードローン」というのは「ローンカードを利用した融資方法」であり、専用や兼用のローンカードを使って融資を受ける物を指します。

消費者金融とクレジットカード会社の違い

ではどのような違いがあるのかというと、会社の違いです。

消費者金融は個人向けの小口融資をメインとしている貸金業者です。

最近ではビジネスローンや不動産ローンも力を入れて取り扱っていますが、メインは無担保無保証の個人向け融資です。

一方でクレジットカードを発行するカード会社のメイン事業は「商品代金の建て替え」です。

所謂「ショッピング枠」になるのですが、利用者が加盟店から商品を購入する時に代金の建て替えを行い、あとから一括して利用者から取り立てるという一種の「つけ払い」を代行する業務と言えます。

消費者金融のキャッシングはメイン事業なので即日融資や即日審査、無利息ローンなど諸々の特典を付けて利用者を増やそうとします。

一方でカード会社にとってのメイン事業は「代金の建て替えとそれに伴う手数料・金利」であり、カード自体の利便性を上げて利用者を増やすために「キャッシングサービス」を提供するという位置づけが多いです。

ですからクレジットカードによってはキャッシングサービスを提供していない事が有りますし、ショッピング枠の利用と比べるとサービスが手薄い場合があります。

ただし最近では事業の収益の中心に位置付けてキャッシングサービスに力を入れているカード会社も珍しくありません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする