消費者金融の無利息で借りれるキャッシングの融資条件

消費者金融は「即日融資」「即日審査」と言った融資までの速さを売りに大手銀行と戦っていましたが、最近では消費者金融を子会社化や買収しノウハウを手に入れた銀行が「即日融資」を掲げる事もめずらしくなくなりました。

そこで消費者金融は対策として「無利息ローン」をうちだして差別化を狙っています。

消費者金融の一定期間無利息で借りる

無利息ローンというのは、完全に利息無しでお金を借りる事が出来るという物ではありません。

無利息ローンとは「一定期間の間利息をなくす」という物です。

多いのは「契約日から30日」という物で、この一か月の間に何回借り入れを行っても完全に無利息で利子を払う必要が無いという物です。

無利息ローンの条件として多いのは初回限定

無利息ローンには一般的にいくつか条件が設けられています。

多いのは「初回利用限定」で「30日間無利息」という物です。

これは無利息ローンが利用者に対してのサービスというよりも、利用者拡大を狙ったキャンペーンのような位置づけにあるためです。

多くのローン会社は初回利用者に限定するなどしていますが、消費者金融の中には特に力を入れている会社もあります。

例えば一週間ですが何回借りても無利息という会社もありますし、ポイント制度の景品として無利息ローンを提供する会社もあります。

無利息サービス利用の注意点

多くの会社は「初回限定」「30日間」としていますが、いつから30日かというのは若干のばらつきが有ります。多くの企業が取り入れているのが「初回契約日(または翌日)から30日間」という物です。

これだと、利用の有無にかかわらず最初に申し込みをして契約をした日から30日間という事になります。

多くの消費者金融がメインで扱うカードローンは「ローンカードで自由に取引ができる」という物なので「ローンカードを作るだけで利用しない」という事も可能です。

ですが初回契約日の場合利用しなくても30日後には期限が切れてしまうので注意が必要です。

また無利息ローン期間内に完済するのであれば利息は0円になるのですが、期間を過ぎれば当然ながら通常の利息が必要になります。

消費者金融はそのデメリットとして銀行の貸付よりも金利が高く設定されているところです。

長期の返済になると無利息期間がある消費者金融よりも元々金利が低い銀行の方が有利になる可能性もあります。

なので返済計画に合わせて自分にとって一番お得な会社を選びましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする